八坂神社「冠者殿社祭」と「誓文払い」

2016.12.22

 

冠者殿社は京都のメインストリート、四条通の新京極入口の南(祇園祭で有名な八坂神社御旅所)に位置しています。

冠者殿社の御祭神は「スサノヲノミコト」で、この神様が起請文の始祖神であるところから、古来より「誓文」を大切にしてきた商人に信仰されてきました。また同じような意味で「恋文」の神様として、多くの女性からも参拝されてきました。

 

10月20日は、この冠者殿社の祭礼日で、昔から多くの京、大阪の商人が参拝して、日頃の商い上での駆け引きなどの罪を払い、より良い商いが出来るように、神様のご加護を願いそれぞれの商家では「誓文払い」と称して奉仕販売を行ってきました。このため「誓文払い」イコール「大売出し」として、全国各地の商家、商店街に伝わりました。

10月20日の冠者殿社祭では、特別に商売繁盛の「冠者殿社の御神符」を神前にて授与されています。
是非、皆様も御神徳をお受けください。

 

年に一度の大感謝!
地元の御旅町商店街では10月の売出し期間中に、お買い上げいただいたお客様に、福引券をお渡しして、20日のお祭りの当日に神前で福を引いていただくよう、大福引を開催させていただきます。
皆様どうぞ御参拝ください。

平成28年10月20日(木)
午前10時~午後4時
四条通寺町東入ル南側
冠者殿社前(八坂神社御旅所)